表参道の審美歯科で歯を美しく保つ

  • 表参道の審美歯科で痛みの少ない矯正治療

    • 歯並びや噛み合わせの異常・不正咬合を治す歯列矯正の治療では、歯の表面に装置を着けて力をかけて少しずつ歯を動かします。
      治療中は、歯と器具との間で摩擦が起きたり、歯が動く時に痛みを感じることがあります。



      表参道の審美歯科では、成人以降まで幅広い年代の方の歯列矯正治療をしています。
      不正咬合にはいろいろなタイプがあり、治療方法や仕様する矯正装置もさまざまですが、表参道の審美歯科では治療中の痛みが少ない矯正装置も導入しています。
      そのひとつに、マウスピースの形をした矯正器具を使う方法があります。マウスピースは透明な樹脂でできているため目立ちにくく、治療中であることを他人に知られたくないという方も安心な治療です。
      表参道の審美歯科で行うマウスピース型の器具を使った矯正治療では、医師が患者さんの歯型を元にしていくつかのマウスピースをオーダーメイドで作っています。

      マウスピースは治療の進行具合に合わせて複数を付け替えていき、その力で歯を少しずつ動かしていく仕組みです。
      マウスピース型の矯正治療では、ひとつのマウスピースで動かす歯の移動距離に上限が決められています。

      goo ニュースの新しい魅力を紹介します。

      そのため歯に強い力が掛かり過ぎず、摩擦や歯が動く時の痛みが少ないのが特徴です。



      また従来の歯列矯正治療で主流とされてきた金属のブラケットとワイヤーを使った治療では、口の中で装置が当たる部分に傷や口内炎ができて痛むというトラブルが発生することがありますが、マウスピース型の矯正装置はソフトな樹脂製なのでそういった外傷性の痛みもなく人気が高くなっています。

top