表参道の審美歯科で歯を美しく保つ

  • 表参道で通院頻度の少ない矯正治療を行うクリニック

    • 歯並びや噛み合わせの治療中は、歯に力を掛けて動かすための装置を歯に装着するのが一般的です。



      そのため、普段よりも歯磨きがしにくい状態となり、プラークが溜まりやすくまた虫歯のリスクが上がりがちです。よって治療中は、定期的に受診をして治療の進行をチェックすると同時に口の中のお掃除の処置を受けます。表参道の矯正歯科クリニックでは、いろいろなタイプの歯並びや噛み合わせの治療をしています。また特に成人の患者さんで、治療中に歯に目立つ器具が着けられるのに抵抗があるという方も安心な見えにくい器具を使った治療もしています。目立たない治療のひとつに、マウスピース型の器具を使う治療があります。

      nanapiのことならこちらのサイトをご覧ください。

      マウスピースは透明な樹脂でできているので、歯並びや噛み合わせの治療中であることが目立たないのが特徴です。また表参道の矯正歯科クリニックで行うマウスピース型の器具を使った治療では、治療中の通院頻度が少ないのも特徴のひとつです。それは、マウスピース式の矯正装置が患者さん自身が自分で着脱可能なタイプになっていることによります。



      表参道のクリニックでは毎日のマウスピースの装着時間を指導していますが、食事の時には外して、食後の歯磨きも普段通りに歯ブラシ・デンタルフロス・歯間ブラシなどを使ってケアできます。


      またマウスピースそのものも、ブラシなどで直接洗浄して衛生的に使用できます。


      毎日の歯磨きが普段通りにできるので矯正治療中でも口の中が汚れにくく、マウスピースを使った矯正治療ではクリーニングのための通院頻度が少なくてすみます。

top