表参道の審美歯科で歯を美しく保つ

  • 小児の1期矯正を勧める表参道の専門クリニック

    • 表参道の矯正専門クリニックには、子供の歯並びや噛み合わせが心配というお母さんが多く相談に訪れています。

      表参道の矯正専門クリニックでは、小児期のできるだけ低年齢からの歯並び・噛み合わせの専門的な管理を勧めています。



      歯並びや噛み合わせの治療は、子供から成人以降と幅広い年代で可能です。
      表参道の矯正専門クリニックでも、成人以降のいろいろなタイプの不正咬合・歯並びや噛み合わせの異常を治療しています。ここで、小児期の矯正治療には成人とは決定的に異なる点があります。


      それは、永久歯が生えそろうまでの子供では顎の骨が成長段階にあるということです。

      最近のガジェット通信の情報を提供しているサイトです。

      小児期には、この顎の骨の成長を利用して、噛み合わせを正しく誘導したり将来生えてくる永久歯がきれいに並ぶためのスペースを確保する治療が可能です。

      この顎の骨の成長を利用した治療を第1期治療といいます。表参道のクリニックでは、第1期治療として顎の骨を広げる床矯正治療や永久歯が生えやすいように誘導する部分的な治療をしています。

      第1期の適切な治療で、永久歯が生える時にスペースを確保するための抜歯の処置を回避できるケースが多くなります。

      歯の並ぶスペースを確保した上で、ブラケットやワイヤーなどの装置を使って歯の位置を移動ざる治療が第2期治療です。

      成人の歯並びや噛み合わせの治療も第2き治療にあたります。



      表参道の専門クリニックでは、顎の骨を広げたり正常な噛み合わせへの誘導がしやすい小児期それもできるだけ低年齢からの治療開始を勧めています。


top